第42回 東日本ボウリング選手権大会

競技会詳細

開催日時:
会場: ラウンドワン秋田店

先週の西日本ボウリング選手権大会に続き、第42回東日本ボウリング選手権大会が秋田県・ラウンドワンスタジアム秋田店で開催された。

秋田での東日本選手権は第25回大会以来の17年ぶりの開催となった。

higsi-sc

女子の部

higsi003

予選で首位に立ったのは神奈川県・石川理恵選手。予選3シリーズのローハイが29ピンと安定感のあるスコアを残し、9G1975と高アベレージで準決勝へ臨む。1ピン差で続くのは埼玉県・長谷川万理選手。第1シリーズではスコアは伸ばせなかったものの、第2・第3シリーズでは700UPを記録し、上り調子で準決勝での逆転を狙う。3位には第2シリーズで726を記録し、結果的にHS賞を獲得した千葉県・小澤由美子選手が1939ピンで続いた。

準決勝になると緊張感もましたのか、各選手は予選ほどスコアを伸ばせない。そんな中でも手堅く3G640とまとめ、12G2614とした長谷川選手が準決勝を1位通過した。逆転を許したものの29ピンの僅差で石川選手が2位で決勝戦を迎える。3位には予選から順位を1つ上げた神奈川県・萩原まゆみ選手が38ピン差で3位には予選から順位を1つ上げた神奈川県・萩原まゆみ選手が38ピン差で後を追う。

決勝戦ではプレッシャーもあったのか長谷川選手、石川選手共にスコアが伸ばせずにそれぞれ3位と5位に順位を落とすも入賞は確保した。優勝したのは準決勝4位から決勝3G683を記録した小澤選手。決勝1G目で279を記録したものの2G目では170とスコアが安定しなかったが、最後は234でまとめ2位に18ピン差をつけての初優勝となった。準優勝には準決勝3位から順位を上げた萩原選手が658とスコアを伸ばしたが一歩届かなかった。4位には前年度優勝の東京都・青鹿丘枝選手が連覇はならずも意地を見せて入賞を果たした。

男子の部

higsi002

予選通過ラインの39位のスコアが9G1919となる高スコアの中で首位通過は東京都・藤本穣選手。Ave240を超える9G2170として準決勝へ進んだ。14ピン差の2位通過は一昨年の同大会の優勝者でもある埼玉県・樋口慎一選手。トップ2が左投げでその他数人のサウスポーが上位に食い込んだ。3位には全日本ダブルスで優勝経験のある千葉県・堀内幸治選手が2153ピンの僅差で後を追う。4位には前年度優勝の北海道・小濱和音選手が2112ピンで続き逆転での連覇を狙う。

準決勝では上位4人の中では藤本選手がスコアを伸ばしきれず、4位に後退。樋口選手・堀内選手・小濱選手の順で決勝へ進むも、4位までは33ピン差と団子状態。

決勝戦でも上位4名の順位は目まぐるしく変動し、目が離せない。堀内選手が2Gで500を超えてくるも、藤本選手・小濱選手が470で後に続く。樋口選手も順位を落とすが440でまだまだ逆転が可能な位置。最終ゲーム開始時の順位は堀内選手3338、小濱選手3288、藤本選手3287、樋口選手が3283と堀内選手優位でスタートする。ゲームがスタートすると堀内選手・小濱選手がレーンを掴みきれずにスコアを伸ばせない中、左2名が着実にストライクを重ね追い上げていく。10フレームまでもつれた戦いを最後に制したのは4人の中では優勝経験のない藤本選手が見事に15G3541ピンで初優勝の栄冠を勝ち取った。準優勝には樋口選手、3位には堀内選手がそれぞれ1ピン差で入賞した。4位には小濱選手が入賞し、5位には準決勝6位から順位を上げた埼玉県・老川勉選手が入賞最後の枠を勝ち取った。

優勝者より

男子:藤本穣選手

予選初日にトップになったことで、予選第3シリーズと準決勝まではプレッシャーで自分の投球ができなかった。決勝は1位通過ではなかったので気持ちが少し楽になった。決勝戦ではとにかく丁寧に投球することを心掛けた。周囲から言われるまで優勝に気づかなかった。

使用ボール:カバートリボルト、ジャッカル

女子:小澤由美子選手

予選の最初はレーンが掴みきれなかったがうまくスコアをまとめられた。大きくプラスできたゲームがあったので気が楽になった。決勝1G目で270だったがその後も自分の投球を心掛けた。最後まで優勝に気づかずに周囲に言われて気づいた。

使用ボール:リボルトヴェンジャンス

higsi001

競技会要項

競技会要項(クリックで開きます)